アスベスト分析

ホーム » 事業案内 » アスベスト分析

建築物の解体工事等を行う事業者様のご要望に応えるため、建材中のアスベスト含有率を測定する分析体制を整備しました。分析方法は、平成26年3月に制定された日本工業規格JIS A 1481-1~A 1481-3を採用し、定性分析と定量分析を行います。

分析方法

分析の種類 適用規格 分析方法
定性分析
(アスベスト含有率0.1%の有無)
JIS A 1481-1:建材中のアスベスト含有率測定方法
第1部 市販バルク材からの試料採取及び定性的判定方法
偏光顕微鏡法
定性分析
(アスベスト含有率0.1%の有無)
JIS A 1481-2:建材中のアスベスト含有率測定方法
第2部 試料採取及びアスベスト含有の有無を判定するための定性分析方法
X線回析分析法及び位相差分散顕微鏡法
定量分析
(アスベストが何%含まれているか)
JIS A 1481-3:建材中のアスベスト含有率測定方法
第3部 アスベスト含有率のX線回析定量分析方法
X線回析分析法

 

アスベスト含有率0.1%の有無の判断
全自動X線回析装置

全自動X線回析装置

偏光・位相差・分散顕微鏡

偏光・位相差・分散顕微鏡

日本工業規格JIS A 1481-1~3に基づく建材中のアスベスト含有率の定性分析及び定量分析を行っています。