よくある質問

ホーム » よくある質問

福島県環境検査センターはどのような検査が可能ですか?
水・土壌・産業廃棄物・汚泥などの検査、ばい煙・振動・騒音・臭気などの測定、アスベスト分析、食品栄養成分分析の他、環境アセスメント調査を行っています。
その他についてもお問い合わせください。
報告日数はどのくらいかかりますか。また試料はどのくらいの量が必要ですか?
分析する項目によって、報告日数 資料採取量 採取する容器が異なります。
詳しくはお問い合わせください。
至急での対応も行っております。
営業エリアを教えてください。
試料をお送りいただければ全て対応させていただきます。
但し、水道水の水質検査(水道法第20条の5第1項)を行う区域は「こちら」になります。
サンプリングにつきましても、水道水の水質検査を行う区域に準拠しております。
試料採取用の専用容器の貸出も承っておりますので、お問い合わせ下さい。
飲用井戸の水質検査を実施したいのですが、対応可能ですか?
当社では、福島県飲用井戸等衛生対策要領に基づき飲用井戸の水質検査11項目を実施しています。
水質検査の頻度は一般飲用井戸(設置者が専ら自己の居住の用に供する住宅のみに 飲用水を供給するために設置するものを除く。)、業務用飲用井戸及び小規模受水槽水道 にあっては1年以内ごとに1回、これ以外のものも1年以内ごとに1回行うことが望ましいとされています。
土壌汚染対策法に基づく土壌調査は出来ますか?
当社は、環境省の土壌汚染対策法に基づく指定調査機関となっております。
土壌汚染状況による調査は、試料採取地点、試料採取方法により結果が大きく左右されると言われております。
専門のスタッフによるご相談も承っておりますので、お問い合わせ下さい。
どの様な分析をすればよいか相談を受けてもらえるでしょうか?
ご依頼のお仕事内容に沿った試験項目、試験の方法をご提案させていただきます。
事業場における作業環境測定等につきましても、作業場に合わせてのご提案も可能ですので、お気軽にご相談下さい。
分析が終わった試料は返却になるのですか?
水質分析を行った水の試料は、当社で処理致します。
土壌分析、産廃分析、放射能分析を行った試料は、基本的にご返却しております。
報告書には分析値以外にどの様な内容が記載されますか?
採取者 採取日時 採取場所等、採取時に得られる情報と分析方法や基準値もあわせて記載しております。
報告書の記載内容につきましては、ご相談ください。
会社(分析室)の見学はできますか?
可能ですので、お問い合わせください。
水質改善について相談を受けてもらえるでしょうか?
専門のスタッフによるご相談を承っておりますので、お問い合わせ下さい。